読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anomeno

神様の気まぐれなその御手に掬いあげられて

人を好きになるのって - 『SHISHAMO4/SHISHAMO』

太陽が燦々と輝く空の下を自転車で駆けてゆく制服の少女のイヤホンから漏れる音はこんな音だろうか。夕暮れの校門前で誰かを待つ彼女のイヤホンから流れる音もこんな音だろうか。いや、SHISHAMOの『SHISHAMO4』が素晴らしいのです。自分でもまさかこんなに声…

備忘録[2017/3/01~25]

3月1日 ・ファーストデーだったので遅ればせながら「マリアンヌ」観た。前日が火曜日で、カルテットを見直していたり感想を書いていたので、若干ウトウトしてしまったのですが=つまらなかったということではなくて、むしろむちゃくちゃ面白かった。予告編か…

無限の海は広く深く - 『カルテット/第10話』

ありがとう、カルテット・ドーナツホール。そして一生ついて行きます坂元裕二先生!という締めのような言葉で始めさせていただきます。いやー。いい最終回でした。見事にゴールテープを切ってくれました。この生き辛い世界でご飯を食べて息をしてサバイブす…

月の船は滑りだす - 『カルテット/第9話』

開始数秒で登場する本物の早乙女真紀と、早々に明かされる戸籍売買の顛末。第8話のラストにおける衝撃からしたら何だか肩透かしを食らったかのような幕開けから始まる最終章・前編の第9話。「時間軸がずれている!」という視聴者の深読みを知ってか知らずか…

ナポリタンの夢を見ていた - 『カルテット/第8話』

もしも間違いに気付くことができなかったのなら 平行する世界の僕はどこらへんで暮らしてるのかな 広げた地下鉄の地図を隅まで見てみるけど 2017年に突如投下された小沢健二による名曲「流動体について」の一節を引用するところからはじめてみましょうか。い…

行かないで、光よ - 『カルテット/第7話』

音ちゃんが練に向けてレシートを読み上げた第7話(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』)、烏森さんの「過去からは逃げてもいい。逃げ切れるなら」という言葉が光った第7話(『問題のあるレストラン』)、結夏が光生に読まれなかった手紙を書い…

ありのままで - 『カルテット/第6話』

前回の第5話の流れを受け継ぐとしたら、足元に"真っ赤な"ウソを携えて登場した夫さん a.k.a. 巻幹生!こだわりを捨てきれない人間臭さとかそれでも自分を出し切れない情けなさとか、表裏一体の人間味を見事に表していたクドカン。これはもう間違いない采配だ…

うそはあかいろ - 『カルテット/第5話』

「出会った時から嘘で結びついている」 「嘘でも嬉しかった」 「ほら、真紀さんも嘘つき」 「すずめさんは嘘つかないんですか」 「みんな嘘つきでしょ」 嘘、嘘、嘘。このドラマは嘘から始まったドラマだ。いろんな嘘があった。まだ隠されてる嘘もあるだろう…

人は選択肢に恋をする - 『カルテット/第4話』

溜め込んだゴミを眺める四人。「捨てられない」場面から第4話は幕をあける。ただ一人別府さんを除いて、ほかの3人は一向にゴミを捨てに行こうとしない。そうこうしていると家森さんを追う半田(我らがD坂間)が現れて家森さんのヴィオラとゴミを持って行って…

魔法少女が見たものは - 『カルテット/第3話』

どうしたものでしょう。いくら坂元裕二好きとは言え、いくら満島ひかり好きとは言え、こんなに素晴らしいものに火曜の22時にテレビをパッとつけただけで巡り合っていいものだろうか。其れ相応の機関があるのだとしたらどうかお気持ちの一つでも受け取ってく…

それもまた行間 - 『カルテット/第2話』

いやね、ブイヤベースと餃子の話から唐突に始まるドラマがありますかね?しかもそれがめちゃくちゃ面白いときたからもうね。こんなに瑞々しい会話たちが毎週見れるなんて嬉しすぎる。きっと餃子の話も「秘密を包み隠した」4人が話すから面白いのだろうな。の…

備忘録 [2017/01/11~24]

1月11日 ・フリースタイルダンジョン。いよいよこのシステムは見直したほうがいいかも…と思ってきた。チャレンジャーが3人1組ってのはまだまだ知名度の低いラッパーが名前を売るのにはいいかもしれないけど、出れないまま終わってしまう人がいるというのは…

耳をすませば - 『カルテット/第1話』

なんたる瑞々しさだろう。一年前の「いつ恋」とも違う。男女4人という点で共通する「最高の離婚」ともまた違う。圧倒的な会話の面白さ、とびきりキャッチーなのにどこか不穏で何かイビツ。例えば「最高の離婚」の会話劇がメラメラ燃える赤い炎だとしたら、…

備忘録 [2017/01/01~11]

2017年もよろしくお願いします。ということで、昨年のまとめを「Twitterで2016年を振り返る」という記事でやったのですが、これが意外に「ああこんなことあったわ」とか「今はこう思うわ」とか「変わってないわ」とか思うところがたくさんあったので、あくま…

2016年マイベストムービー30 [1~10]

10. ズートピア 動物が人間のように暮らす大都会、ズートピア。誰もが夢を叶えられる人間も顔負けの超ハイテク文明社会に、史上最大の危機が訪れていた。立ち上がったのは、立派な警察官になることを夢見るウサギのジュディ。夢を忘れたサギ師のニックを相棒…

2016年マイベストムービー30 [11~20]

20. シン・ゴジラ これもあらすじはいいよね?????いいね??? 自分はゴジラ作品も追っていないし、エヴァも見ていないです。それでもなんの気負いもなく楽しめた。そりゃもう面白かったです。これってテンポの映画というか。台詞が早口だとか、よくわ…

2016年マイベストムービー30 [21~30]

いろんなところで言われていることですが、今年は洋邦問わずとても豊作の年だったと思います。それゆえ、昨年どおりベスト20にしようと思ったのですが、とても選びきれず、これも良い、いやでもこれも良いみたいなことの連続になったのでベスト30にしてみま…

2016年マイベストトラック20

例年通り、20曲。 アルバムとしてのベストは、気が向いたらまた別で書きます。コメントは後々追加していきます。 苺畑でつかまえて / サニーデイ・サービス ポップは正義である!という高らかな宣言が聞こえてくるイントロからがっつり心をつかまれてしまっ…

Twitterで2016年を振り返る

年間ベスト等々ありますが、ひとまずは2016年を何の括りもなく振り返って見たいと思います。どうしたもんかなあと思ったら、日々の記録は大体Twitterのつぶやきに記録されていたので何となくそれを見ながら2016年を振り返ってみよう。 1月 ツイートを見て思…

悲しくてやりきれない - 『この世界の片隅に』

ただただ素晴らしい。いや、それに尽きる。尽きるのだけど。 映画の中に登場すると、どうしようもなく好き度があがってしまう要素というものがいくつか有る。「この世界の片隅に」にはそれがことごとく詰まっていた。だらだらと書いていても取り留めなくなっ…

それでも生きてゆく - 『怒り』

映画「怒り」について。 感想、というよりはただまとめておきたいだけ。という気持ち。とっちらかってると思う。すいません。あとネタバレ全開の部分もあるので、見てない方は気をつけて。 観終わってから、どこか晴れないどんよりした気持ちに襲われている…

想像力は河を越える - 『この空の花 長岡花火物語』

僕の住む新潟県長岡市では8月2日、3日と花火が上がる。今年はそれにあわせて大林宣彦監督の「この空の花 長岡花火物語」を見た。異常な傑作だった。そして、その後に長岡花火を見ることの感慨深さもまた異常だった。 映画が始まると同時に「これは普通の映画…

えいがのはなし その6

上半期もあっという間に終わりましたね。なかなか記事更新のページが上がらないので申し訳程度にまとめ記事ということにします。 ■葛城事件 (2016) 家とは、家族とは、団欒とは、食卓とは。そして、罪とは。罰とは。 食の描写もさることながら、前作「その夜…

どれも黄色のたかがえんぴつ - 『ヒメアノ〜ル』

大げさでもなんでもなく文句なしの傑作だった。まずもって、あの物語を99分という尺で描き切るということに関しては、内容はどうであれ観る前から「イイネ!」と言わざるをえない。もちろんそのタイトな尺であれば、原作に忠実になんて作れるわけもないのだ…

間に合わなかった、そのあと - 『海よりもまだ深く』

是枝裕和監督の映画が1年という短いスパンで見れる。なんと幸せなことだろう。そしてこの「海よりもまだ深く」他の誰にも撮ることのできない紛れもない是枝監督の映画であった。 良多という人間を阿部寛が演じる是枝作品はこの作品を含めて3作ある。「歩いて…

えいがのはなし その5

お久しぶりです。就職活動その他諸々でまとまった時間も取れず、『いつ恋』以来の更新になってしまいました。今クールは『ゆとりですがなにか』に超絶はまっております。 ということでその間に見た映画感想の抜粋です。 ■アイアムアヒーロー (2016) しっかり…

道について - 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう/第10話』

はい。最終話です。まず、素直に言うと毎週欠かさずにひとつのドラマについて自分の言葉で文章を書けたのは何と言っても作品が素晴らしかったからです。(そういうことは最初に言っておく)あとは少なからず見てくれる人がいたからです。拙い文章でしたが反…

朝日と夜明け - 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう/第9話』

とうとうあと1話です。見終わってからいてもたってもいられなくて書き始めた1話の感想から、なんとかここまで書き続けてこれました。これからも何かについてこれくらい熱を入れて書けたらなあと思います。 では、最初に9話の本筋と少し外れたことから。この…

同じ空を見ている - 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう/第8話』

あのどこを取っても素晴らしい第7話を見れただけで、この2016年に生きた意味があると言っても過言ではなかったのだけど、そんなドラマの続きとその後の『SMAP×SMAP』において、僕が胸を張って大好きだと言えるバンドであるceroとSMAPが共演を果たすという瞬…

Mind Over Matter - 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう/第7話』

書こう書こう、と思いつつも3月に入って色々と私事が立て込んでしまいもう約一週間が経ってしまった。最後の意地でなんとか月曜日までには書きたいという気持ちだけでなんとか今書いています。第7話、本当に素晴らしかったです。何度涙を流したことか。細部…

生き残るということ - 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう/第6話』

本筋の前にどうしても触れておきたい話がある。これがただのドラマ解説ブログであるならこんなことにわざわざ触れる必要はないしその方が利口だとも思う。でもここは思ったことを言葉にしたい場所なのでどうしても書く。以下の出来事について。 率直に言うと…

数十億光年先から - 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう/第5話』

はい。何だか今週に限ってはあまり書きたくないような、でも書かないとやってられないような、そんな気持ちです。第一章が否応なく完結してしまい、物語は僕らがまさに今生きている2016年へと舞台を移すことになりました。強烈に印象に残ってしまうのはやは…

月が綺麗ですね - 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう/第4話』

いやあ。予告の時点からこれは心して見ねばと思っていたけれど第4話にしてこうなってしまうのか…。そこかしこで「重い」という言葉が飛び交っているこのドラマですが、この第4話は確かに重いながらも、月曜21時のラブストーリーという役割をこれ以上ないほど…

flower of life - 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう/第3話』

第2話にて横断歩道を渡り一年越しに再開した二人だったが、再び対岸に分断されてしまうシーンから始まる。同じ町に住み、同じ乗り物に乗り、同じ道を往く二人なのだけど、やはり最後には逆方向へ歩いて行ってしまう。バスの中でもお互いの存在に気づいたから…

GIRL AT THE BUS STOP - 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう/第2話』

先週録画した第1話を何度か見かえし、また涙ぐみ、これはブルーレイディスクに永久保存だなと思った矢先、レコーダーがぶっ壊れてしまった。さいあく。 ということで、第1話を見た興奮度はこちらに。年間ベスト記事とかとは比べ物にならないくらいのアクセ…

えいがのはなし その4

2016年も好きな映画がたくさん見れますよう。早速1月末〜2月にかけて観たいものばかり。賞レースも始まったのでノミネート作品は残らず地方のシネコンでもかけて欲しいところ。 ■ブリッジ・オブ・スパイ (2016) いやぁ…粋だ。実話ともなると美談として押し付…

ときめきはファミレスから - 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう/第1話』

本当に素晴らしかった。ただただ手を上げて大きく拍手をして称えたい。個人的には本作と同じく脚本・坂元裕二による屈指の傑作『それでも、生きてゆく』に並ぶか、それをも超えてしまうのではないかと第1話を見て思わされた。いかにもスタイリッシュ気で爽…

2015年マイベストトラック20

20曲。順不同です。 コメントは後々追加していきます。 街の報せ / cero 良くも悪くもシティポップが流布した2015年。この曲が最も本質をついた紛れも無いシティポップだったと個人的には思う。特典音源にしておくのは勿体無い。 みんなも歳をとり いつかは…

2015年マイべストムービー20 [1~10]

10. 6才のボクが、大人になるまで。 これに関しては時間も経ってめちゃくちゃ2014年感が強いですが、やっぱり見たのは今年だし…ってことで。12年の成長をただ映しているだけみたいな意見もちらほら見るけど、いやいやそれってものすごい奇跡でしょう。確かに…

2015年マイべストムービー20 [11~20]

2015年は意識的に映画をたくさん見ようと思った年でした。タマフルを聴き始めたというのがきっかけの一つであったとは思うのだけど、何かを好きだと胸を張って言えるように積極的に行動しようと思ったのも理由の一つだと今では思います。「動かない古参より…

正しさは何処にある - 『STAR WARS エピソード7/フォースの覚醒』

12月18日金曜日、18時過ぎ。地方の片田舎のシネコンの入り口から溢れるほどの行列。どうやら限定パンフレットの購入列らしい。一番大きな劇場の席に着く。真ん中よりちょい後ろ。左寄り。左隣には親子(父と息子)。右隣には50歳代と思しきグッズを持った男…

世界は多分 他者の総和 - 『恋人たち』

橋口亮輔監督作「恋人たち」を見た。 2008年公開の前作「ぐるりのこと」には心底打ちのめされて、揺るぎないベスト邦画として不動の(おそらく)地位を確立したのだけど、その橋口監督の7年ぶりの新作が遂に公開されるというのだから、これは何としても劇場…

えいがのはなし その3

■STAR WARS 来るエピソード7に向けて。まともに全部通して見たのは初めての若輩者ですが、眠い目をこすって小一時間パソコンの更新ボタンを押し続けるという苦行に耐えて、エピソード7の公開初日の初回上映のチケットをゲット。フォースと共にあらんことを!…

えいがのはなし その2

■マイ・インターン (2015) 社員さんからの「あれ、君だれ?」とか「うん。まぁとりあえず座っといて。」とかインターンの様子に、あるある!とぐっと引き込まれた。 ただしこれは70歳のロバートデニーロがファションサイトを運営する会社へのインターン。若…

えいがのはなし

ここ最近、というより「Filmarks」というアプリを使い始めてから映画を見るのがすごく楽しい。いろんな人の評価が見れると、好評も酷評もどちらも気になるし自分の目で見たくなる。 それから、頑張って1日1本は何か映画を見ようと心に決めて今日まで続いてい…

ここ最近、しみじみ「いい曲だなあ…」と呟いた曲・その3

1. おあいこ / ハナレグミ もう問答無用の名曲でしょう。 だって、洋次郎節炸裂のメロディと郁子さんの奔放なコーラスがマッチして、その上に永積氏の歌声ですよ? PVは一子(朝ドラ『まれ』より) 2. dialogue / Ropes 記念すべきRopesのファーストアルバム…

There/Bottom -『そこのみにて光輝く』

「普通」という状態に等しさなどない。誰かの「普通」は誰かから見た「普通でない」状態になり得る。 『そこのみにて光輝く』で描かれる容赦のない底辺描写はきっと見る人にとって普通でない光景として映る。 風ひとつ吹けば倒れそうな小屋のような家や、性…

ここ最近のこと

ここ最近あったこと、として外せないことはやはりフジロック。 行ってきました。今年も前夜祭から計4日間。 そのことに関してはまた別に書きたいと思います。 あれだけ偉そうに不満を垂れておきながら、果たして何を感じたのか。もう答えは明らかだけれども…

ここ最近、しみじみ「いい曲だなあ…」と呟いた曲・その2

1. シャムキャッツ / AFTER HOURS この、イントロのライブアレンジが堪らない。 SHAKEだよ?僕らが旅に出る理由だよ? 2. ねぇバーディア / Negicco またしてもとんでもない名曲が生まれてしまった。 雨模様の新潟から、暖かな陽の差す東京へ。 「会えるアイ…

大きさの違う足跡を辿るということ - 『海街diary』

「海街diary」を見た。 二週間程経っても余韻さめやらぬ、というかあの四姉妹のいる風景(映像ではなく)が頭から心から離れない。住み着いてしまったかのよう。 今も鎌倉にはあの四人が暮らしていて、朝になれば極楽寺駅へと走っているのではないか。そう…