anomeno

神様の気まぐれなその御手に掬いあげられて

2022.06.16(ちゃんとしたい)

さびしさの話をしたいと思った。ここ最近ずーっと心のどこかにもやもやがあった。原因はわかるようでわからなかった。ライブに行こうよと誘った友達が、行きたいけど恋人に言うたびにほんの少しだけ嫌な顔をされる。と言っていたのを聞いてそりゃそうか。と思った。サウナに行こうと思って電車に乗って1時間くらいかけて降りた先で財布を忘れたことに気付いて、その足でまた電車に乗ってきた道を戻るしかなかった。途中で乗ったタクシーの運転手の人にアパートへ向かう道が上手く説明できずに舌打ちをされた。すいません、としか言えなかった。サウナに行って、何も考えずにそのまま併設されてるカプセルホテルに泊まってゆっくり休んだけど、朝起きても身体は重かった。何でもない話ができる友達も、何でもないことを話すだけの友達になっている気がした。大事なことを話したいはずなのに話せない気がした。長い付き合いの大切な友達の誕生日にプレゼントを送った。着日の指定ができなかったから一日早く着いてしまった。受け取ったよー。ありがとー。というLINEが来て、もう30歳なんだって実感しちゃったよ。と言われた。続けて、まだ気持ちは16歳なのにね。まだあのときみたいにラーメン食べに行ったりしたいのにね。って書かれた文面を見て、職場で眼が滲んだ。心のどこかで勝手に何かに焦ったり、時間が過ぎて年齢を重ねることに不安になったり、結局は全部さびしかったんだってことにようやく気付いた。だいぶ雑にまとめたけどそれが一番しっくり来た。やっぱり未熟なんだろうか。幼稚なんだろうか。どうしてもちゃんとした大人になんてなれない。

作りたいと言っていた本は、なぜか意味もなく手作りにこだわってしまって、不器用なくせに何故か今は針と糸を持って紙を綴じる練習をしている。本当はけっこうやりながらいつのまにか寝てる。

日記はずっと書きたかった。書かなかった理由も書けなかった理由もない。でもいろんな人が日々のことを書いたりしていてそれを読んだりしてるとやっぱり書きたくなった。

暑いか寒いかもよくわからない。晴れか雨かもよくわからない。マスクを外していいのか付けた方がいいのかもわからない。よくわからないのにみんなちゃんとしてるように見える。ちゃんとしたいよ。

2022.04.01(本を作ろうとした、4日目)

4月になり雨音で目を覚ます。思うようにいかない仕事をしに身体を起こして部屋を出る。遠くに晴れ間が見えるけど顔に雨が当たる。濡れないようにと傘を忘れずに持つ。途切れてしまう人との関係のことについてここ数日かなりもやもやしながら過ごしていて、本のことは正直すっかり忘れていた。関係ないけどブログも書いてなかった。友達からこういう感じで描いてるんだけど、と数枚イラストを見せてもらった。とても良かった。そんな感じで素材は揃ってきているのに形にすることにかなり足踏みをしている。考えているふりをしながら何も考えていない。ベストな形を思いつくのをずーっと待ちながら、その実何も考えていない。でも時間は確かに経っていて、書かれてある文字と自分にも乖離が生まれているような気がしている。はやく形にしたい。そう思いながらもまた忘れて夜になり朝が来る。

雨に当たらないために持ってきた傘は、4月らしい柔らかい陽光の下では荷物以外の何にもならずに、邪魔だなあと思うばかり。一週間ほど前、出先で大雨に出くわして無印で傘を買ったのに、帰り道に電車にそのまま置き忘れて本当に自分が嫌になった。なんでいつもこうなのか。そんなことを考えていたか、考えていなかったか、家に帰って仕事をしようと帰路に着く途中の昼下がり。骨が折れてばらばらになったビニール傘が道に落ちているのが視界の隅に入った。何気なく通り過ぎたけど、なぜかそのことが忘れられなくて道を引き返した。いつだって傘を忘れてしまう自分と、ちゃんと持ってきたけど折れてしまった誰かの傘。これしかない。と思った。夏までには形にしようと思う本の表紙はこれにしよう。

f:id:moire_xxx:20220401222440j:image