anomeno

神様の気まぐれなその御手に掬いあげられて

2022.01.24(本を作ろうとした、1日目)

意外と何かを作ろうとした過程を赤裸々に記録しておいたら面白いんじゃないかと思って自分が本を作ろうとしている過程を日記の中で残してみる。飽きてやめてたらごめんなさい。誰に謝っているのかもわからない。

数日前友達と会って、どんな本にしたいかという話をした。夜の下北沢の道を歩きながら話した。スタンダードな本の作り方すらわからないのに印刷業者に依頼して出来るような本じゃ嫌だ。という傲慢な思いが自分の中にはあった。無秩序なものが作りたいみたいな思いがあった。だってこんな散漫な日記を元に本を作るんだから本の形だって散漫にしたいじゃん。文章以外にもいろんなものを載せたいし、それに合わせて紙の種類だって変えたい。夢だけが大きくなる。夢だけ見ながらぐるっと歩いて駅に戻ってとりあえずイラストを書いてもらうためにまとまった文章を送る約束をして駅の改札で別れた。

今日、思い立ってMacのPagesを立ち上げてなんとなくこういう構成にしようかみたいなそれっぽい考えでテキストを並べてみた。並べたはいいものの改行すると段落下の空白がやたら大きくなったり、フォントの変換がめんどすぎて一瞬でやる気がなくなってしまった。結局画面には白い空間だけが広がっている。絶対に上手くやる方法がある、と思いつつもすでにPCの電源を切りベッドに入ってしまった。道は長くゴールは遠い。どうすりゃいいんだ。

2022.01.16(OKです)

金曜日から、いや正確には木曜日の夜からがっつり体調を崩していた。そういうことかと思って念のために検査したけどそういうことではなかった。でももう半分そうなんじゃないかという気持ちでずーっと引きこもって寝ていた。明らかにこれは異常だと思ったのは、仕事をしていても普通じゃない眠気というか意識が飛ぶレベルの睡魔が襲ってくることが多々あって、それプラス喉の腫れとダルさが出てきたのでやばいと思ってそこから今に至る。熱こそ全くないし食欲も普通にあるので何より辛いのは、喉の腫れで息苦しくてまともに寝れないこと。多分よく見るうなされてる人になってたはず。録音しとけばよかった。とりあえず薬を飲み続け回復したので土日はずーっと家でためていたラジオを聞いたり、ドラマを見たりしていた。アルコ&ピースdcガレージの年に一回かならず訪れるディーンのHistory Makerは毎年音の圧がやばくてびびる。あれは背骨が溶ける。ハライチのターンのうぐいすの鳴き声のめっちゃ好きなんだけど今年あったのかはまだ確認できていない。ドラマは『恋せぬふたり』『ミステリと言う勿れ』を見た。どっちも普通に面白い。Netflixで今さら『浅草キッド』を見た。正直舐めてたけど普通に面白い。これは単純に好みだけど、自伝の映像化はもっと対象に対して批判的な目線を入れるべきなのでは?と思ってしまう。ただ単に崇めるだけだと作品として別の側面がないように思えてしまう。あとは、結局その人を陰で支え続けた女性がとても形式的に描かれてしまうのは全部がそうすぎてさすがにいくらなんでも食傷気味になる。火花からはじめまり全部そうじゃん。最近、松本花奈『明け方の若者たち』『ある夜、彼女は明け方を想う』を見ても強く思ったことではあるけど、物語の中の人物たちが損をしてるように見えるのは結局作り手の欺瞞がそこに表れているからでしかないと思う。物語の中で生きる彼や彼女に罪はない。悪いのは作り手でしかない。そんなの悲しすぎると思う。