読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anomeno

神様の気まぐれなその御手に掬いあげられて

ナポリタンの夢を見ていた - 『カルテット/第8話』

f:id:moire_xxx:20170308003010p:plain

 もしも間違いに気付くことができなかったのなら

平行する世界の僕はどこらへんで暮らしてるのかな

広げた地下鉄の地図を隅まで見てみるけど

2017年に突如投下された小沢健二による名曲「流動体について」の一節を引用するところからはじめてみましょうか。いやいや。ちょっととんでもなくないですか?カルテット。面白すぎじゃないですか?坂元裕二節が2017年という時代の上で輝いている!先に述べた小沢健二「流動体について」や同じく2017年公開の傑作「ラ・ラ・ランド」との共振。家森さん曰く、

「片思いって一人で見る夢でしょ?」

「両思いは現実、片思いは非現実」

「そこには深ーい川が…」

もしあのときこうしていれば、もしこうだったら、もしあの場所にいたら、という夢。ここではない何処かの誰かと「入れ替わる」こと。今回のテーマは「入れ替わる」だろう。冒頭、別府さんの見た夢は「四人が入れ替わる」夢だった。するとどうでしょう。すずめちゃんと別府さんがお蕎麦を食べていたかと思ったら、別府さんと家森さんが入れ替わり、すずめちゃんと真紀さんが入れ替わる。するすると四人が入れ替わり、当たり前にそこにあったお蕎麦を食べ、わさびに顔をしかめる。(その間に「おかえりー」が自然に出ているのがまたいい)

別府さんの負担にならないようにと、アルバイトを始めるすずめちゃん。別府さんと真紀さんが結ばれるように奔走するすずめちゃん。サボテンに水をあげ、花を待つという行動は彼女のそんな儚い思いが込められている。詐欺師の娘と、偽物の魔法少女と揶揄されてきたであろう彼女は誰かに恋する気持ちも同時に封印したのではないだろうか。そして、ついに出会えた二人の好きな人を祝福したいという彼女の気持ちは嘘偽りない気持ちのはずだ。だから二人を「結んで」あげなきゃと彼女は飛び回る。しかし、夢の中では蝶結びでもって「結ばれた」すずめちゃんと別府さんが一緒にナポリタンを食べて、オシャレをして、ピアノコンサートに行く。真紀さんと「入れ替わる」夢を見る。冒頭で、四人が盗み食いをしている後ろで(まさに春になると軽井沢に集まるリスたち!)鏡子さんが話していた言葉を思い出してみよう。

私の尊敬するパッチワークの先生はおっしゃいました。

「努力でもない。信念でもない。人の心というのは習慣によって作られる。」

どういうことかと言うと、心というのはとても弱いものです。だけど、一度身についた習慣であればそう簡単には乱れません。

何かしなきゃ、じゃないんですね。まず、思うより先に手が、足が動いてることが大事なんですね。

 二人を結んであげなきゃ、と思っていたすずめちゃんが気づいた時にはコンサート会場に無我夢中で足を走らせている。これを夢で終わらせたくない。片思いと両思いの間に川があるならそれを越えてやれ!「好きってことを忘れちゃうくらいの好き」とすずめちゃんは言うけど、コーヒー牛乳と同じでその「好き」は彼女の習慣(感情を習慣という言葉に収めてしまうのは少し乱暴だけれど)というか血と肉になっているはずだ。それでもやはり現実に直面するすずめちゃん。その涙と笑顔。うーん。やっぱり満島ひかりこそナンバーワンだ!

一方で、おみくじの大凶と大吉を「入れ替えてあげる」とか、鉄板焼きがたこ焼きに「入れ替わる」というなんともチャーミングで儚い「入れ替わり」の演出こそ第8話の白眉の一つだと思う。それは報われない片思いかもしれないけど、確かに誰かが誰かを想う気持ちがそこにはあったのだから。そして、ラストに明かされたもう一つの「入れ替わり」こそ最大の要素なのですがこれに関しては来週を見ないとわからないので何にも言えねえわ!!!!

 

どんなゴールに転がるかわからない「カルテット」ですが、やっぱりこれって「家族」というか「共同体」の話なんですよね。全体を通してコメディ要素を多く担っている家森さんがVシネ俳優時代に言っていたセリフは「ワシにもくれ!」でした。最初はVシネだし声質的にも哀川翔オマージュかなあと思っていたけど、繰り返し聞くと浮かぶのは『千と千尋の神隠し』に登場する番台蛙、かもしくは同じくスタジオジブリ作品の『ハウルの動く城』に登場するカルシファー*1。いや、というかそうだきっと!『千と千尋の神隠し』は名前を奪われた少女が、寄せ集めの仲間たちと沼の底に行く話だし、『ハウルの動く城』も呪いをかけられた少女と寄せ集めの共同体が同じ家に生きる話だ。名前を奪われた「誰でもない女」がいわゆる世間から「呪い」*2をかけられた仲間たちとともに生きる話なのだとしたら、最後にはあの別荘は空へと飛んで行くのだろうか。はたまた空で四人が手を取り合うのだろうか。(空中ブランコ!)

 


 






 

*1:どちらも声優は我修院達也

*2:前クール「逃げるは恥だが役に立つ」より