anomeno

神様の気まぐれなその御手に掬いあげられて

「さようなら」って言えそうにないなぁ

f:id:moire_xxx:20180704223000j:image

 

午後に急に出張を言い渡されて、群馬からひとりステップワゴンで外環を走り、駅まで汗だくで走り、到着したらライブ本編が終わってしまっていた情けない自分のことは置いておくとしよう。

 

彼女たちを想うとき、いつもギターを背負った少女の背中が浮かぶ。今も。恐らくガールズバンドという呼び名を嫌い、3人で音を鳴らし、そのうち1人が欠けても、鳴らす楽器が変わっても、それでも背中にギターを背負う少女が立っている。

 

アンコール、シャングリラと風吹けば恋を鳴らし終わって、ステージに2人だけになった彼女たちはそろそろとステージ前に2人並んで話し始めた。ああ。これだ。と思った。並んで座ってる。意味はわからないけどこれってめっちゃチャットモンチーじゃん、って思った。

 

会場からは2人に向かって話す声で溢れてた。そのなかでも、僕の涙腺を刺激して止まなかったのは、ある男性が言った「高校のとき、初めてバンドでチャットの曲やったよ!」で。

それに対してえっちゃんは「そうかぁ。それは素晴らしいことやな。またチャットの曲やってな。」と返してた。もうこのやりとりだけで眩しい。

 

その後、最後にやった曲はピアノと歌のみの「サラバ青春」

そりゃあ泣くわと。そんなことは予想できたのだけど、それでもあの曲中の会場の空気は少し異様だった。エモい、とかそんな言葉にはとてもとても収まりきらないような。誰もがあの日、例えば青春と呼ばれるときに掴めなかった何かを必死にいま掴もうとしてる、みたいな。何者でもなくて、何になるかもわからなくて、バンドがあって、友達がいて、好きな人がいて。そんな日々。でもそれは今けむりのようなもので、掴めなくて、するすると離れていってしまう。そんな気持ち。

特に胸を締め付けられたのは、このフレーズ

 

思い出なんていらないって

つっぱってみたけれど

いつだって過去には勝てやしない

あの頃が大好きで

思い出し笑いも大好きさ

 

真っ暗闇に僕ひとりぼっち

ピンク色の風も薄紫の香りも音楽室のピアノの上

 

大人になればお酒もぐいぐい飲めちゃうけれども

空は飛べなくなっちゃうの?

 

汗のにおいの染みついたグラウンドも

ロングトーンのラッパの音も

「さようなら」って言えそうにないなぁ

 

青春の焼き戻しなんてものに興味はない。いつまでもあの頃にしがみついて生きてたってつまらないと思う。

それでもいま。曲がりなりにも何かになった僕らは、あの何者でもなかった日々を少し振り返ったりして、自然と笑って、またいまをがんばってみようと思えるのなら、それは何にも代え難いことなのだと思う。

チャットモンチーがいつだって今を生きてきたバンドだったように。

 

Good Bye! Chatmonchy!!!!!!!!!!!

 

チャットモンチー - サラバ青春 LIVE [HD] - YouTube

 

 

2018.06.23

同期が会社を辞めた。昨年の4月から同じ職場で働いていた。程度こそいろいろあるけれど、平たく言えばパワハラのようなものが原因らしい。

 

職場では別のチームだったから直接そういう場を目撃したりはしてないのだけど、たまの仕事終わりにいっしょにラーメン食べに行ったり、カレー食べに行ったりすると、愚痴言い合ったりなんかして、いわゆるよくあるストレスみたいな、そんなもんだと思ってた。

 

そんなときは大体気づくと会社の話もそこそこに、昔やった懐かしいゲームの話にいつもなっていた。ポケモンスタジアム金銀ミニゲームで何が一番好きだった?とかヨッシーストーリー難しかったよねとか、そんな感じの話をした。「一人っ子だから、みんなでやるゲームってあんましたことなかったんだよね」と彼は言っていた。あと覚えてるのが、ラーメンなんかを食べてると、「こっちも美味しいよ。ちょっと食べる?」っていつも交換してくれた。別になんてことない、よくある会話だけど、自分は捻くれてるから、「ちょっとちょうだい」は言えても自分から勧めるなんてなかなか出来なくて、普通にこういうこと言えるのってすごいなって思ってた。

 

自分なんかよりも全然頭も良くて、かといって人付き合いも出来るし、それでもうまくいかないものかと、遣る瀬ない気持ちになる。うすっぺらいけど、本当に自分はなにもできなかったのかとかも。

 

「もうこの職場ではやって行けないと思う。」と聞いた翌日から彼は職場に来なくなってしまった。それを否定もできなかったし、かと言って何か言える間も無く、そうなってしまった。

その3日後くらい、職場の飲み会の流れ流れた3次会くらいで、会社近くのバー的なところに行ったら、別の上司と一緒に飲んでいた彼とばったり会った。なんだか気まずいのもあって、そのことに触れる会話もしないで、500円玉を手の中から消すマジックを見せたりとか、バーのテレビに映ってる「デッドプール」をあれめちゃくちゃ面白いよとか、そんな会話しかできなかった。

 

夜中の2時をまわって解散することになって、何故かよくわからないけど雨も降ってたのにコンビニでアイスを買ってから、寮に向かって二人で歩いた。自分はルマンドアイスで、彼はチョコモナカジャンボだった。この期に及んで二人になったら何を言ったらいいかわからなくて、口から出てきたのは「スマブラの新しいやつ、見た?」だった。この期に及んで。雨も降ってるのに、明日食べる予定だったアイスの袋を開けて二人で食べた。歩いてる間、ずっとそんな話をしてた。最後の一本道のところで「明日からとりあえず実家帰るわ」と彼が言った。「そっか。それがいいよ。おれも帰ろうかなー」それしか出なかった。コンビニで買ったビニール傘が横並びになるとぶつかってしまって、自分は彼の後ろに少し下がった。

もしかしたら、これが最後とか、そういうのあるんじゃないかと思って、もっと話すこととかあるんじゃないかと思ったけど、考えてるうちに寮の入り口に着いてしまった。最後の最後にエレベーターを待ってるときに、なんとか口から絞り出したのは「まぁさ、今度みんなでポケモンスタジアム金銀やろうよ」だった。「うん」って返された気がする。

 

次の日からの職場では、そのまま残った彼のデスクがなにもいじられることなく残っていて、同じように彼のことには誰も触れない。でもなにも変わってない。会社から人が一人いなくなることって会社にとって何も変わらないんだなぁ。自分はそうなふうに思いたくない。ラーメンに、カレーに、アイスに、スマブラに、彼がいたことを閉じ込めておきたい。