読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anomeno

神様の気まぐれなその御手に掬いあげられて

ありのままで - 『カルテット/第6話』

カルテット

f:id:moire_xxx:20170222013127p:plain

 前回の第5話の流れを受け継ぐとしたら、足元に"真っ赤な"ウソを携えて登場した夫さん a.k.a. 巻幹生!こだわりを捨てきれない人間臭さとかそれでも自分を出し切れない情けなさとか、表裏一体の人間味を見事に表していたクドカン。これはもう間違いない采配だったのではないでしょうか。ということで第6話は巻真紀・幹生の夫婦が出来るまで、そしてそれが壊れるまでを描く劇中初の回想でした。思えば、傑作『それでも、生きてゆく』でも中盤に文哉の回想を挟んだり、ドラマの大きな流れの中で異色の回があったような。

意図してなのか、今までと演出の仕方もがらっと変わったような気がする。何というか、意識させすぎている。例えば、夫婦となった二人が一本の並木道を歩くシーン。並木道を松たか子が歩く。話は逸れるがどうにもこの画に既視感を覚えてしまう。そう、『HERO』だ。ただ隣を歩くのは茶色のダウンを身に纏うキムタクではなくクドカンってところがちょっと笑ってしまう。いや、まあそこが言いたいことの本筋ではなくて、その後の対比となるシーンで、とことんすれ違っていく二人が最終的に同じ道を歩いているはずなのに真逆に進んでいるように見えるという演出。それ自体が悪いわけではないけど、やたらカットを割るのはつまらないなあと思ってしまった。ハッとさせられないというか、そのままの意味の画になってしまっているというか。同じ理由で、「からあげにレモン」のくだりとか「柿ピー」のくだりとかも、そこまでわかりやすくせんでも…。と思ってしまう。考えてみると、今までのカルテットの演出って"点"だったのだと思う。全体に散らばった点が振動することで大きな波になるというか。それが今回は線になってたように思う。その分余波は少ない。

あ、でも好きな演出もあった。決定的にもう向き合えなくなってしまった真紀と幹生を捉える画の中で、真紀をキッチンの小さな枠に収めてしまう構図は、「これFARGOじゃん!」と思ってしまった。(その後の回想終わりでまさか本当にFARGO的な展開になってしまうとは…)

 

と、どこか否定的になっていたけど、振り返ってみるとこれって「音」と「画」の対比、「聞くこと」と「視ること」の対比になってるのではないかと思えてきた。真紀と幹生を形作るものって間違いなく「音」だ。二人の出会いからして"バイオリンの音"が鳴っていたはずで、幹生が真紀を意識する瞬間にも"小さな声"という音が鳴る。さらには

「あ、名前。巻じゃないですか。」

「真紀ちゃんからしたら、俺なんか結婚相手には選ばない相手ですよね。」

「巻真紀はイヤですね。」

といった"名前の発音"が二人を近づけ、「カヴァレリア・ルスティカーナ」の曲が鳴り二人は結ばれる。しかし、結婚した真紀がバイオリンを引き出しの奥の方(いつ恋より)にしまってしまうと、とたんに少しづつ音が鳴り止んでいく。唯一音が鳴るのは真紀が料理を作りながら鳴らす"GReeeenのキセキ"という何とも悪意に満ちた選曲。そんな曲のボリュームを下げ、

「バイオリン続けなよ」

「真紀ちゃんの好きにしたほうがいいよ」

「真紀ちゃんは真紀ちゃんらしく」

 

「ねえ真紀ちゃん。何でバイオリン弾かないの?」

と"ありのまま"を真紀に求める幹生。彼は最後まで二人の出会いだった"音"を求め続ける。しかし、真紀の口から発せられる音はとても限られた範囲の話だけになり、"映画を視る"、"テレビを視る"というとても限られた"視る"行動が増える。忘れてはいけないのが、"凧を見上げる"というシーンで、あれに限っては"視る"なかでもとても開放的な空間であったのに、真紀は家の中に居ることを選ぶ。ついには幹生が見上げる空に映る凧も絡まり、転落していく。その転落と同時に幹生もまたベランダからの転落を選ぶ。(後の転落シーンとの因果も巧い)

と、二人の間に鳴っていた音が消えていくのを「聞くこと」から「視ること」への移行として演出したのだとしたら、やたらカットを割ったり、極端にアップで顔を捉えるのも「視ること」としての演出なのだろうか。いやー。だとしたらもっと画にハッとさせられたいし、パンチがないと思うなあ。なにより説明過多なのが痛い。あとは、有朱の行動の理由がわからない点とか、鏡子があっさり真紀の言うことを聞いてしまうところとか、一部のねじをきつく締めたことで全体が軋んできてる感も否めない。第5話のラストで真紀が家森さんと別府さんに夫さんの写真を見せた理由とか。後々理由がつくのかもしれないけど一話の中で筋を通してほしいというのは文句つけすぎでしょうか。

余談ですが、有朱の名前の漢字がとても変換しにくくて思ったことなのだけど、「朱(赤)が有る」という意味での有朱なのかな?彼女の身に纏うものに赤はないけど、そもそも名前に赤(朱)を背負っていた的な!