読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anomeno

神様の気まぐれなその御手に掬いあげられて

えいがのはなし

movie

ここ最近、というより「Filmarks」というアプリを使い始めてから映画を見るのがすごく楽しい。いろんな人の評価が見れると、好評も酷評もどちらも気になるし自分の目で見たくなる。

それから、頑張って1日1本は何か映画を見ようと心に決めて今日まで続いている。後は出来るだけ映画館に行こうと思う様になった。今までは何かと理由をつけて行かなかったけれど、これからは何かと理由をつけて映画館に行くんだ。

 

ということでFilmarksに書いた感想やら何やらを補完したり何なりでまとめられたらいいなと思って、ここにも書く。ノリでネタバレとかしてしまわないように気をつけよう。一週間ごとに書けたら、なんていう浅はかな希望。

 

 

 

 

 

バクマン (2015)

f:id:moire_xxx:20151024023113p:plain

プロジェクションマッピング、ペンを使った殺陣、ジャンプにまつわる小ネタと効果的な手法で「マンガを描く」という地味な画をエンターテインメント的に飽きさせずに見せるのはすごい。序盤から思わず座席から背中離れた!

極めつけはサカナクションによる劇伴でしょう。特にサカナクションの最たる魅力とも言える「テクノ的なタメからのアゲ」が効果的に使われていて最高に高まったところで走り出す主人公たち。いや待て!普通の映画ならそれでいい!でもこの映画では「描く」でしょう!最高に上がったテンションのところで描き狂ってよ!!

キャストに関しても、メインの2人逆じゃないの?っていうのは自分も思っていたけど何の違和感もなかった。特に脇を固める役者が素晴らしい。山田孝之は流石。群を抜いて良かった。ストーリーはというと、マンガ実写化という近年特に根深い問題をしっかりクリアしていた。原作をしっかりなぞるよりも、原作のコアを中心に独立した一つの映画を作ったほうがやっぱり圧倒的に良いという証明になった。ただ、終盤の「友情、努力、勝利」の下り。自分は新妻エイジに完全同意で、やっぱりそれは物語の中の話なんだよ。他の誰のでもなく自分の線を引かなきゃいけない。

あと、ハイタッチ!あれは元ネタをリスペクトするなら絶対無音でしょ!!

一番良かったのが、エンドロール。これはすごい。一番感動した。

 

 

 

マネー・ボール (2011)

f:id:moire_xxx:20151024024321p:plain 

持たざる者が統計と積み重ねと少額のお金を頼りに勝利を手にする。
自分は野球に関してはからっきしだけど理系人間だからこそ、この美学にハマった。

アスレッチックスのGMを演じるブラピを支えるジョナ・ヒルが最高。「ウルフオブウォールストリート」と言い、良いデブの代名詞!

 

 

 

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (2007)

f:id:moire_xxx:20151024025157p:plain

すれ違いによるフラストレーションが高まるラストにもそこまでついていけず。やっぱり桐島は洗練れていたんだなぁ。
佐津川愛美のそこはかとないエロさがサトエリの太ももに勝ってる。

呆気にとられた後に流れるエンディングは「世界が終わる夜に」頼むからせめてフルで流して!

 

 

■フォックスキャッチャー (2015)

f:id:moire_xxx:20151024030204p:plain

自分が間違っているとわかっていても、誰かが差し伸べる正しい手を払いのけたくなることがある。何かを曲げて輪の中に入ればいいのに、望んでいない孤独を選んでしまうことが確かにある。

わかっていても正しい方を選べないことってある。なんでだろう。マークの気持ちも、あんなことしてしまって許せないけどジョンの気持ちも、わかる部分がある。

ラストカット、希望というよりはある種の諦念のような、それでもここで戦い続けるという姿にもう。ね。

 

 

 

■はじまりのうた (2015)

f:id:moire_xxx:20151024030510p:plain

はい!最高!音楽を通じたときめきで溢れている!!

「自分のプレイリストを見せるなんて恥ずかしい」なんて誰でも一度は思ったことあるだろうし、そんなこと言いながら、お互いのプレイリストを聴きながら夜のニューヨークを歩くなんて、それができない自分を恥じる気持ち&羨ましすぎて死んでまうんじゃないかと思った。(片方ずつのイヤフォンなんてふざけたものじゃなくちゃんと分岐ケーブルつかってるところ!またそれがラストにきいてくるところ!!)

好きなシーンをあげてたらきりがないけれど、思わず見ながらガッツポーズで「それ!それ!それだよ!」と口に出して言ってしまったのが、バイオレットがギターを弾くシーンと、グレタがデイブのライブ会場から出ていくシーン。

とにかく劇中の曲がすごく良い。音楽好きな人はぜひ!

 

 

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー

f:id:moire_xxx:20151024031403p:plain

なんせ2015年10月21日ですよ!!!!!!

この日に合わせて、20日にPART1を21日にPART2を22日にPART3を見通しました!暇か!

もう良さしかなかった!今ではこの画像を見るだけで「フォー!」ってかんじ!待ち受けにしちゃった!