読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anomeno

神様の気まぐれなその御手に掬いあげられて

く「クラムボン」

 

 

宮沢賢治ではないですよ。

 

活動20周年になるということで、おさまっていたクラムボン熱が再び沸々とわきあがってきました。

 

クラムボンの魅力って、原田郁子という絶対的なボーカルがいるのに物凄く音楽的なところだと思うのです。

ボーカルだけを全面に押し出しておしゃれなカフェとかで流れてるような音楽とかにいくらだってできるのに、めちゃくちゃ歪んだベースとか難解な曲進行とかやってのける、単に綺麗だけで終わらないところ、そのバランスがとても心地良い。

 

あとはライブの多幸感・自由度。

音楽を好きでいてよかったと心底思ってしまうような、聞き方やノリ方を強制しないライブ。

 

自分こんな体験してないのに!って感じに歌詞に感情がえぐられるところも好き。というか、そうなるために行ってるところもある。

 


tiny pride【live】/ クラムボン - YouTube